永井健志・松下雅寿 二人展

2007年9月26日-10月4日


永井健志 「白露」 20号

 共に現在、東京藝術大学大学院博士後期課程に在籍し、歩み始めたばかりの若い画家です。互いに切磋琢磨し、各々が研鑽を重ねまして今展は、研究会的な意味合いの二人展となります。


 草花を優しく見つめながらも独自の色彩表現でその眼差しを作品に昇華した永井健志、多くの取材を重ね自然の中に身を置きつつ感じ取った自然への強い想いを作品に投じた松下雅寿。


 この展覧会で、二人の若い画家の息吹を感じて頂きたく思います。共に6号から20号までの作品を出品致します。




松下雅寿 「淵静」 20号

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示