開廊展(3)手塚雄二/小品展『月のしらべ』

1996年11月22日-11月30日


手塚雄二/小品展『月のしらべ』 会場写真

日本画家・手塚雄二の小品展。

39歳の若さで日本美術院同人に推挙され、昨年(’95年)には東京藝術大学助教授に就任。

静謐で繊細ながらも大胆な構成の作品により日本画の新しい表現の領域と、多くの美術関係者・コレクターの支持を得る。

今展では「月のしらべ」と題し、10号を中心に変形「散華」までを出品。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示